Sega of bookmarks blog


記事の内容

前へ | 次へ

【メガドライブ】エグザイル
2011/03/20 09:27

【メーカー】日本テレネット(RIOT) 【ジャンル】アクションRPG 【ゲーム進行度】 クリア 

 

×

普通

 

期待度

好き度

難易度

 

 


【ゲーム内容】

PCからの移植作品。
剣や魔法よる攻撃やジャンプなどを行える横スクロールアクションステージの合間にRPG風の会話、買い物などを挟む構成です。


【ストーリー】

中世のイスラム圏やヨーロッパ、そして日本までを舞台に実在する宗教がらみの話が展開されます。


【感想】

・ゲーム内容について

操作は簡単ですし、アクション的に難しい場面は無くストレス無く遊べるつくりになっています。扉の構成の分かりづらさはややストレス。
序盤レベルの低い時はやや難しい印象ですが、レベルが上がってしまうととたんに簡単に。レベル上げも楽。RPGシーンは比較的簡易なものになっていてこちらもストレスありません。
出来は日本テレネットクオリティと書くとメガドライバーにはわかりやすいかと。(^^;;


・ダイジェストRPG

RPGシーンが簡易でストーリー展開が速い。
30時間のRPGを3時間で表現したような、そんなダイジェストっぽい感じを受けました。

人に突進すれば会話できたり、民家の中には入れないで入口での会話のみだったり、回復に宿屋にいくこと必要も無い簡易さは楽です。
ダイジェストRPGなのでストーリー展開も異様に早い!
仲間と出会って即別れ。エルサレムからフランス、日本へ即移動で道中省略。

展開の早さと内容に正直ついていけなかった感もあります…。


・この肉の焼ける匂いがたまらんぜ!

凄惨なシーンでもなんとなくほのぼのムード。そして単調な音楽が眠りを誘います。


・第一部完  ○○先生の次回作にご期待ください。

唐突気味にはじまったストーリーは唐突に終わりを告げます。
検索して知ったことですが、唐突に思えたキャラクターは前作(パソコン版 MDでは未発売)からの引き続きで、ラストは大胆にもカットされているとのことでした。



【こんな方にオススメ】

中世の宗教が好きな方
RPGの移動、町探索が面倒に感じる方

※音声、ビジュアルシーンを楽しみたい方はPCエ○ジン版を買いましょう!


【リンク】
※レビューは全てPCエンジン版です。

エグザイル時の狭間へ(PCE CD)面白ゲーム変遷史 名作からクソゲーまで

エグザイル?時の狭間へ?これを書くのもまた、宿命!: So-netブログ

エグザイル・時の狭間へ エグザイル2・邪念の事象 (硬派なPCエンジンFX広場

エグザイル (ゲーム) - Wikipedia





追記にネタばれです。


※エグザイルとVayのネタばれあり。文字色反転でお読みください。


ヒロインを仲間に預けた主人公が帰って聞いた言葉が

「ああ、あいつ死んじゃった。ごめん。それより…」

ヒロインの死がぞんざいな言葉で!
(実際の台詞とは違いますが、ノリ的にはこんな感じ。)

唐突に表れた仲間は生死不明、ヒロインは死んだ(らしい)まま物語は終結しました。めでたしめでたし。

びっくりした。
有る意味面白かった。意外性があって。

Vayの子供が死んだ時、生きているオチかと思ってたら結局出てこなかった時以来の衝撃。

パソコン版ではこの後ヒロインが生きているらしいんですが、メガドライブ版だけだと人づてに死んだと聞いたまま。
ヒロインの生死は結構重要なんじゃないかなと。


説明書では意味ありげに設定が書かれている仲間も全く活躍の場無し。
きっとダイジェストで省かれた部分なのだと…。

曼荼羅の立体化なストーリーを表現するために省かれたのかと。



曼荼羅の立体化…意味がよくわかりませんでした。(^^;;

カテゴリ:雑文

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン



Powered By FC2ブログ